前へ
次へ

年下の交際相手を持つ人へおすすめの話題・注意すること

自分より下の世代と会話の話題が合わなくて困っているということは恋愛に限らず悩み事の1つとしてあるのではないかと思います。
特に恋愛の場合は話が全くかみ合わないと相手と気まずくなってしまうということも…年下の交際相手と話すのであれば、どういった話題が良いのでしょうか。

無難なのは、職場での話や最近話題のアーティストなどの芸能ネタやアニメなどのサブカルチャーや最近行って面白かった場所などがおすすめです。
ただし職場での話をするのであればちょっとした失敗談くらいにとどめたうえで、営業成績が良いなど自慢話になってしまわないように気をつけましょう。

また最近話題のアーティストなどの話題だと自分が知らない場合やあまり好みでない場合もあります。
そういった場合でも最初から否定をするのではなく、「どんな曲が有名なのか」「どんなアーティストなのか」のように知らないことは素直に相手に聞いてみましょう。
年下の世代の好みは分からない、というように相手の話をばっさりと切ってしまうようなことはやめておくことをおすすめします。

また相手から自分の切り出した話題で質問をされたのであれば、簡単な略歴やおすすめの曲などを伝えてみましょう。
知らないことを馬鹿にしたり、上から目線で言うのも良くありません。
年下の相手と交際するのであれば、世代が違えば相手の好みや考え方が自分と大きく違う可能性があることを前提として接するようにしましょう。

また、年齢や元の交際相手の話など逆に避けた方が良い話題もあります。
男性であっても女性であっても年齢を理由に相手に態度を変えられたりするのは気分が良くありませんし、気にしているように見えなくても相手が自分との年齢差を気にしている場合もあります。
ですので、なるべく年齢をメインにした話をするのはやめましょう。
また過去の交際相手の話は相手にとってあまり聞きたい話題でもありませんし、ましてや相手同士を比べたり悪口を言ったりすれば、それだけでも印象は最悪なものになります。

このように相手との年の差がある際の注意点といっても、大半は同世代の交際相手と気を使う点は同じであることは理解しておきましょう。
そのうえで、年齢や経験など相手の努力ではどうすることもできないことや相手の好きなものを完全に否定してしまうのはやめましょう。
そして自分と相手は違うのだということ、そしてその違いを楽しんだり新しいことに出会える機会と考えて接することができれば交際を長く続けられそうです。

Page Top