前へ
次へ

交際相手と同棲することのデメリットと注意点

交際中の相手との同棲は結婚前に相手の価値観や金銭感覚など実際の結婚生活が始まったときに戸惑わなくて済むなど様々なメリットがあります。
一方でうまくいかなかったなど同棲したことが良い結果にならないこともあります。
同棲をした場合の注意点はどんなことなのでしょうか。

交際相手との同棲のデメリットとしてあがったのが、相手の悪い部分が見えてしまったことで別れることになったりケンカをしてしまうということでした。
結婚前に相手の嫌な部分が見えるということは今後結婚生活を送るうえでのメリットにもなりますが、交際相手の生活や習慣が自分の思っていたイメージと違うことはやはり別れにもつながるようです。

また、片付けるのが苦手な人や自宅の中なら下着姿で歩くのも平気な人など生活態度がだらしないという人は意識して片付けるようにしたり、普段から注意して過ごすようにしておきましょう。
同棲をするうえで生活習慣のだらしなさや物を片付けないことは大きなケンカの原因になることも多いので、片付けるタイミングや相手の前に出るときは最低限のマナーを守るなど自分なりのルールを作っておくようにすることがおすすめです。

また、同棲する場合光熱費の支払いだったり家事の分担など同棲していくうえで様々なルールを決めることになります。
お互いに話し合って決めたルールですからきちんと守るようにしましょう。
特に光熱費などお金の支払いに関するルールを破ると、支払いができなくなるなど自分たちだけの問題ではなくなることもありますから、支払いに関する約束事は絶対に破らないようにしましょう。

他にデメリットとしてあがったのが1人の時間が少なくなることです。
相手と一緒に同じ空間で過ごすため、どうしても自分1人の時間は減ってしまいます。
ずっと一緒にいることはマンネリ化にもつながりますし、ストレスを溜めないためにも定期的に1人になれる時間を確保するようにしましょう。
生活費に余裕がある場合は同棲する際に2部屋ある物件を選んでおくとお互い1人でいる空間を持ちやすくなります。
生活費などの面で1部屋だけの物件に住んでいるのであれば、どちらかが出かけるなどルールを決めたうえで1人の時間を確保するとストレスを溜めずにすみそうです。

それなりの交際期間があっても生活リズムや音などの問題は実際に一緒に暮らしてみないとわからないこともあります。
また自分にとっては気にならないことでも相手にとっては許せないことの場合もあります。
それを理解したうえできちんと対策をしておくようにしましょう。
また相手の態度に何か思うところがあるのであれば、頭ごなしに怒るのではなくきちんと話し合いをすることがおすすめです。

Page Top