前へ
次へ

友達から恋人を紹介してもらうメリット・紹介してもらいたいときに伝えておくこと

今交際している相手と出会ったきっかけの1つに友人からの紹介がきっかけという人もいるなど、知り合いからの紹介をきっかけに恋人ができるということもあります。
友人から紹介してもらったときのメリットや紹介してもらいたいときにはどうすればよいのでしょうか。

友人から紹介してもらったときのメリットですが、大きなメリットとしては自分の好みの相手である場合が多いことや信頼できる相手と出会える確率が高いということです。
特にそれなりに長く付き合いのある友人であれば、自分の好みをある程度理解してくれていることもありますし、自分が意識していなかった部分まで見て相手を紹介してくれることもあります。

また、大事な友人を紹介するのですから少なくとも明らかに誠実ではない人や周りの評判が良くない人を紹介される確率は少ないので、安心して付き合える相手と出会える可能性も高くなります。

またメリットとしては友人も相手のことを知っているので悩み事を相談しやすいということもあります。
友人も相手のことを知っているので、より的確なアドバイスをもらえる可能性もありますし、知らない相手には特に恋愛関係の相談事はしづらいこともあるので信頼している相手に相談できるというのは大きなメリットになります。

他にも友人に紹介してもらったという義理もあるので浮気などの悪事を働きづらくなるなど複数のメリットがあります。

もし友人から紹介してもらいたいと思っているのであれば、あらかじめいい人がいたら紹介してほしいという話をしておきましょう。
そのうえで友人がOKをしてくれた後に自分の好みのタイプやこういった人は合わなかったなどということは伝えるようにしましょう。
また紹介してもらう相手について知っていることがあるのならば、事前に教えてもらっておくとよさそうです。
そして友人から相手を紹介してもらった後にはたとえ交際には発展しなかった場合でもきちんとお礼や結果を伝えるようにしましょう。

また結果を伝えるときには、理由を正直に話すか相手を紹介してくれた友人に対するお礼を伝えてから経緯を説明するようにしましょう。
また経緯を説明するときは、友人が紹介してくれた相手の悪口を言うのは避けましょう。

そして友人が紹介してくれた相手に会う時はいつも以上に失礼がないようマナーや態度に注意しておきましょう。
自分の態度やマナーが悪ければ、それは友人の評価を悪くすることや友情を失う原因になる可能性もあります。
それをきちんと理解したうえで相手に接するようにすることをおすすめします。


Page Top