前へ
次へ

交際相手と同棲することのメリット・決めるときに必要なこと

交際相手と一緒にいられる時間を増やしたいなど様々な理由から結婚前に同棲を始めるカップルもいます。
一緒にいられる時間は増えますが、それ以外にどういったメリットがあるのでしょうか。

同棲によるメリットとして一番にあがるのは、結婚した後の生活に対するイメージがつくということです。
長く一緒に過ごしているとは言っても相手の生活スタイルや習慣・ケンカになった場合にどうなるかなどは、やはり一緒に暮らす方が分かりやすくなります。
結婚後に相手の金銭感覚の違いや考え方の違いなどのギャップを小さくしたいという場合には同棲は有効そうです。

また家賃や光熱費などの生活費が折半にできたり、一緒に住むことで会いに行くための交通費など今までかかっていた費用を減らすことができるなど経済的なメリットもあります。
金銭的にも楽になりますし、家事を分担することもできるのでそちらもメリットになりそうです。

他にも相手の予定を把握しやすいので、デートなどの予定を相手の負担を考えつつ決めることができるというメリットもあります。
離れていると相手の予定や忙しさが分かりにくいですが一緒に住んでいると相手の動向が良く分かります。
ですから「今月はちょっと忙しそうだから遠出するデートはやめておこう」というように、無理なく相手に対する気遣いをすることもできそうです。

このように同棲には様々なメリットがありますが、もし同棲をしたいと思うのであればどういったことを決めておいた方が良いのでしょうか。

まずは生活費をどちらがどのくらい支払うかをあらかじめ決めておくようにしましょう。
決めた後は生活費を支払うための口座や財布を作り、自分の支払う分を入れておくようにすると、支払いで慌てることやトラブルになることが少ないようです。

家事に関してはどちらか一方に負担が偏るのはもめごとにもなるので、分担をある程度決めておきましょう。
あまり細かく分けてしまうとできなかったときにストレスになってしまうので気がついた方がするか相手の得意不得意で大まかに分けるくらいの方が快適に過ごすことができそうです。

加えて、同棲をする場合は同棲前にお互いの親に挨拶をするようにしましょう。
けじめという意味もありますが、まだまだ同棲に対して良い印象を抱いていない親世代は少なくありません。
今後のことを考えてもきちんと挨拶をしておく方がスムーズに相手との関係を継続できます。

最後に同棲をする場合は、1年間というようにしっかりと期限を決めておきましょう。
居心地がよくなってしまうと結婚のタイミングを逃したり、結婚したいという気持ちが薄れることもあります。
そういったことを踏まえると同棲をするのであれば、「結婚を前提」で考える方がおすすめのようです。

Page Top